HOME > 採用情報 > Q&A
採用情報

Q:詳しい業務内容を教えてください。

特許事務所の弁理士は、明細書の作成が主な業務であることが一般的ですが、坂本国際特許事務所では、明細書作成以外にも、特許に関する様々な業務を経験することができます。
調査、情報提供、異議申立、鑑定や、権利化後の侵害に対する警告、無効審判、訴訟の仕事等も担当します。権利化後の業務も比較的多いため、所内での勉強会も頻繁に設けられており、弁理士資格保持者については弁理士会の能力担保研修の受講も事務所で支援しています。 日常の仕事を通じて、知的財産に関する専門知識をより深めることができます。
英語力のある方であれば、国内出願だけではなく、日本企業の外国出願や、外国企業の日本出願も担当します。所内では、英語や中国語の勉強会もあり、所員一同、日々研鑽を重ねています。

Q:お客様の技術分野はどのようになっていますか?

弊所の技術分野は主に、機械、電気、ソフトウェア、化学・バイオとなっています。上記以外の技術分野のご依頼をいただくこともあります。
クライアントは、大企業から、中小企業、個人のお客様まで幅広く、日本国内のみならず、世界各国のクライアントからの依頼も少なくありません。
お客様の多様なご要望に対して、柔軟に対応する力が求められます。

Q:意匠や商標の出願も扱っていますか?

意匠登録出願を希望されるお客様も多く、弊所としても意匠登録出願をお勧めしています。
商標についても、調査や出願の依頼が増えています。
意匠、商標のほかにも、著作権法・不正競争防止法や、景品表示法等の観点から、対応を行うことも多くあります。

Q:弁理士資格を有しておらず、未経験者ですが、勤務可能ですか?

「育成枠」としての募集も行っています。
弁理士資格がなかったり、特許業界が未経験の方でも、熱意と向上心のある方は積極的に採用させていただいております。
未経験者の方には、10年以上の業界経験を有する弁理士がつき、丁寧な指導を行っています。
弁理士資格をお持ちでない方は、原則として弁理士試験の受験をお願いしています。所内には、弁理士取得を目指す所員が数多くおり、試験前は、試験休暇の取得が認められます。できるだけ早期に弁理士資格を取得できるよう配慮いたします。

Q:特許事務所というと、堅いイメージがありますが、事務所内はどのような雰囲気ですか?

40代の所長をはじめ、30代、40代の気さくで若い所員が多く、活気に溢れています。分からないことや困ったことがあれば、同僚や上司に気軽に相談することもできます。
事務所のメンバーがそろって食事をすることも多く、みな、仲良く和気あいあいとしていますが、一方で、仕事に対しては責任感の強い所員が多いです。

Q:子供が小さく、現在は、フルタイム勤務が難しいのですが?

可能な限り、ご家庭の事情を考慮して、勤務形態や勤務時間を調整させていただきます。
週数日や時間短縮といったパートタイム形式の勤務や在宅勤務制度も利用できます。一人一人の事情に応じて、各人が最も働きやすい勤務形態を実現するように努めています。

Q:通常の勤務時間はどのようになっていますか?

午前10時から午後4時30分(昼休み:正午から午後1時)をコアタイムとするフレックス制度を採用しています。実労働時間は7時間30分です。
在宅勤務以外は、事務スタッフも含め、原則としてコアタイムの間、事務所内で勤務していただき、且つ合計で7時間30分勤務していただけるのであれば、出社時間や退社時間は自由です。
ただし、個別の事情に応じて、出社時間や退社時間の調整もいたします。

Q:勤務時の服装はスーツですか?

勤務時の服装については、「社会人らしい服装」の基本を保っていただけるのであれば、原則自由としています。
ビジネスカジュアルの技術者も増えています。
ただし、お客様との面談の際には、スーツを着用していただいています。

TOPヘ戻る