HOME > サービス案内 > 国内特許出願
サービス案内

国内特許出願

プレミアムコース

より上質なサービスをご希望のお客様向けのサービとなります。
複数のスタッフからなるチーム体制で案件を対応いたします。

助成金で半額!Click!
プレミアム特許出願
※ 審査請求料は特許庁の審査を開始するための費用です。
※ 明細書6枚、請求項5項、要約書1枚、図面5図の場合。
※ 登録時は成功謝金をご請求させて頂きます。
■ご依頼3件以上でスタンダードプランの料金で対応!
手続きの流れ
プレミアム特許出願 手続きの流れ

スタンダードコース

スタンダード特許出願
※ 審査請求料は特許庁の審査を開始するための費用です。3年以内に請求した場合のみ発生します。
※ 明細書6枚、請求項5項、要約書1枚、図面5図の場合。
※ 登録時は成功謝金をご請求させて頂きます。
■ご依頼件数によりお値引き致します!
手続きの流れ
スタンダード特許出願 手続きの流れ

実用新案

実用新案
※ 出願時に、庁費用として 14,000円+(2,100円+100円×請求項数)×3 ←3年分の登録料 が発生します。
  例)請求項1の場合 20,600円
■実用新案権についての注意点等をアドバイスいたします。

出願の種類と考え方

弊所では、出願の種類を以下のように考えております。以下の中から最適な出願を選択していただき、お客様の知的財産予算に合わせた最適なサービスをご提供いたします。

出願の種類 出願時費用 代理有無 担当者 原稿の質
プレミアム出願 40万~50万円程度 複数スタッフからなるチーム制
スタンダード出願 30万~40万程度 1人
ライト出願 15万 1人

出願の種類と担当スタッフ

出願の種類 プレミアム出願 スタンダード出願 ライト出願
事務所責任者 ×
担当弁理士等
審査官等経験者 × ×
調査担当者 × ×
図面担当者
チェック担当者
事務スタッフ

出願の種類と処理手順

出願の種類 プレミアム出願 スタンダード出願 ライト出願
出願依頼
スタッフ選定 ◯ チーム体制
面談 ◯ 責任者+担当者 ◯ 担当者 ×
調査 × ×
原稿作成
特許請求の範囲及び
図面の方向性チェック
×
図面作成 × 符号付与のみ
原稿チェック
(ソフト)
原稿チェック
(マニュアル)
×
原稿チェック
(事務所責任者等)
× ×
願書等のチェック
(事務スタッフ)
草案送付
草案修正
出願
出願完了報告
出願用データ納品 × × ×
通知又は指令
期限管理
中間処理 ◯ 責任者+担当者+審査官経験者等 ◯ 担当弁理士等 ◯ 担当弁理士等

情報提供

情報提供の目的
料金 130,000円+頁加算料 10,000円/頁

異議申立

異議申立の目的
他人の特許の登録時に発行される特許掲載公報の発行日より6か月以内であれば、その審査を見直し、付与された特許の取消を求めることができます。
異議申立請求時 500,000円
中間手続き 100,000円+頁加算料10,000円/頁
スタンダード料金の適用条件のご案内
  1. 異議申立の請求項数が10以下であること。
  2. 異議申立に使用する文献数が15以下であること。
  3. 取消理由が1セットであること。1セットの内容は下記のとおりです。
    • 29条の取消理由1つ(同一文献を主引例とする29条1項3号及び29条2項)
    • 36条の取消理由1つ(36条の取消理由がある場合に限ります)
    • 17条の取消理由1つ(17条の取消理由がある場合に限ります)
注意事項
※上記の(1)から(3)を満たさない場合にはプレミアム料金となります。
※案件内容が医薬・バイオ系の場合にはプレミアム料金とさせていただく場合がございます。
異議申立請求時 200,000円+頁加算料 10,000円/頁
中間手続き 100,000円+頁加算料 10,000円/頁

無効審判

無効審判の目的
無効審判請求時 600,000円
中間手続き 100,000円+頁加算料10,000円/頁
スタンダード料金の適用条件のご案内
  1. 無効審判の請求項数10以下であること。
  2. 無効審判に使用する文献数が15以下であること。
  3. 無効理由が1セットであること。1セットの内容は、以下のとおりです。
    • 29条の無効理由1つ(同一文献を主引例とする29条1項3号及び29条2項)
    • 36条の無効理由1つ(36条の無効理由がある場合に限ります)
    • 17条の無効理由1つ(17条の無効理由がある場合に限ります)
注意事項
※上記の(1)から(3)を満たさない場合にはプレミアム料金となります。
※案件内容が医薬・バイオ系の場合にはプレミアム料金とさせていただく場合がございます。
無効審判請求時 300,000円+頁加算料10,000円/頁
中間手続き 100,000円+頁加算料 10,000円/頁
注意事項
※文献が外国語文献の場合には、別途翻訳料が発生します。

鑑定書、見解書

鑑定の目的
処理手順
  1. 依頼

    事務スタッフが受任を行い、期限管理ソフトに整理番号、納期等を入力し、ファイルを作成します。
  2. スタッフ選定

    事務所責任者が、依頼書を確認して最適な担当弁理士を選定します。
  3. 面談

    担当弁理士が貴社に面談にお伺いいたします。
  4. 書類の作成

    面談結果を踏まえて鑑定書、見解書を作成いたします。
  5. 納品

    鑑定書、見解書をお送りいたします。
  6. 有効な結果が得られない場合

    製品の設計変更の提案、無効調査を行いまして、有効な結果が得られるようにご提案いたします。
料金
プレミアム ¥800,000
スタンダード ¥400,000
簡易鑑定 ¥100,000
*プレミアムの場合、事務所責任者、特許庁審査審判経験者、担当弁理士からなるチーム体制で案件を担当いたします。
TOPヘ戻る