HOME > スタッフ一覧 > 中村 敏夫
スタッフ一覧
中村 敏夫
大阪オフィス 所長/弁理士
(特定侵害訴訟代理業務付記)

中村 敏夫 Toshio NAKAMURA

主な業務

知的財産に関する業務
特許(特に医薬、化学、バイオ)に関する権利化業務、調査、鑑定、審判、訴訟

技術分野

有機化学、医薬、バイオ、食品、化粧品

学歴

理学博士(東京大学大学院)

経歴

住友製薬(株)(1999〜2001英国J.A.Kemp事務所駐在)
田辺三菱製薬(株)
深見特許事務所

所属団体

日本弁理士会

外部活動

大阪医薬品協会 知的財産委員会 特許部会 委員1996-1999, 2001-2002
日本知的財産協会
  (1) バイオテクノロジー委員会 第1小委員会 委員2003-2004
  (2) 特許第1委員会2004-2010(うち特許第一委員長2007-2010)
中央知的財産研究所 研究員(兼運営委員)2014-2016
弁理士会近畿支部国際情報委員会 委員2014-現在
日本弁理士会特許委員会 委員2016-2017, 副委員長2017-現在

主たる論文/講演

“均等論-ドイツにおける新たな展開”, Bernd Allekotte, Ph.D.,Markus Grammel, Ph.D., 中村 敏夫(訳), AIPPI (2017) Vol.62 No.6 p.541-545.
“欧州特許庁における優先権の承継と優先権の享受”, Steven M. Zeman, Ph.D., 中村 敏夫(訳), AIPPI (2017) Vol.62 No.1 p.53-59.
“イマチニブメシル酸塩インド最高裁判決とTRIPS協定についての考察”, 中村敏夫, 別冊パテント (2016.12) Vol.69 No.14 (別冊No.16), p.119-130.
「他社に競り勝つ!本当に強い特許実務対応」,共著,情報機構刊, 2016年5月(第6章 第3節 第1項, “医薬用医薬品” 中村敏夫 執筆).
“Supreme Court Decisions on Product-by-Process Claims“, Toshio Nakamura, ‘Patents & Licensing’, Vol.45, No.6, p.28-32 (2016).
“グレースピリオドの基礎とその留意点”, 中村敏夫, 知財管理(2014) Vol.63 No.11 p.1747-1752.
“医薬化合物の結晶発明に関する最近の判決動向”, 中村敏夫, 知財管理(2014) Vol.63 No.1 p.33-46.
“併用薬発明の試練”, 中村敏夫, 知財管理(2012) Vol.62 No.12 p.1691-1698.
「最新 医薬品『特許実務/知財戦略』ノウハウ集」,共著,技術情報協会刊, 2008年1月(第6章 第4節,“用途特許”中村敏夫 執筆)
"Recent Development in Japanese Patent Judgements",Toshio Nakamura, ‘Daejeon International IP Conference’, in Daejeon (KR), February 17, 2017.
"A Review of the Current and Changing Practices in Japan",Toshio Nakamura, ‘Life Science IP Summit’ by C5, in London (UK), October 20-21, 2016.
"Review of the Changing Practices in Japan",Toshio Nakamura, ‘15th International Forum on Pharmaceutical Patent Term Extensions’ by C5, in Munich (DE), June 21-22, 2016.
"グローバルな特許の取得/活用に向けて-日本/外国における特許訴訟、Product by Process Claim、Grace Period-",中村敏夫,日本食品・バイオ知的財産センター(JAFBIC)関西委員会, 2015.7.17.
"Strategies for Managing Pharmaceutical, Biotechnology & Chemical Patent Portfolios for R & D Scientists and IP Professionals", "Strategies for Managing Pharmaceutical, Biotechnology & Chemical Patent Portfolios for R & D Scientists and IP Professionals", in Mumbai & Ahmedabad (India), February 2-5, 2014.
"Crucial Judicial Landmarks: Recent Japanese Court Judgments on Patent Term Extension, Crystal Patents and Combination Drug Patents", Yearly Seminar by De Clercq & Partners, in Belgium, November 22, 2013.
"日欧米・三極パネルディスカッション 実務戦略的に見る医薬品特許の存続期間延長制度",中村敏夫,Kathryn Nicolls,David Albagli,細田芳徳,弁理士会近畿支部 (大阪), 2012.10. 23.
"医薬・医療関連発明の実務",服部智, 越智豊, 中村敏夫, 弁理士会 (東京, 大阪), 2012.8.3&10.

言語

日本語、英語

趣味等

国内&海外旅行
TOPヘ戻る