HOME > 知財ニュース > 【米国】 日本出願の優先権主張にDASコードが必要
知財ニュース

【米国】 日本出願の優先権主張にDASコードが必要

10月1日より、米国特許出願時に、基礎となる日本出願の優先権主張をする場合には、DASコードが必要になりました。
これまで、日本特許庁と米国特許庁の間では、優先権書類データ交換がなされていましたが、今年9月一杯で終了となりました。代わりに、世界知的所有権機関WIPOのDASに一本化されます。

(参考)・日本国特許庁HP
https://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_tokkyo/shutsugan/uspto_ver2.htm
2017年09月27日更新
TOPヘ戻る