HOME > 知財ニュース > 【ブルネイ】 日本と特許審査協力で早期権利化へ
知財ニュース

【ブルネイ】 日本と特許審査協力で早期権利化へ

日本特許庁とブルネイ特許庁が特許審査で協力し、日本で特許が付与された出願をブルネイに申請すれば2か月以内に特許として認められることになりました。10月1日に開始される見通しです。

これにより、ミャンマー以外のアセアン全域で日本の特許審査結果が相手国の審査に反映されることになります。

現在、日本からブルネイへの特許出願は年間10件程度ですが、再生可能エネルギーや太陽光発電などの分野でブルネイへの企業進出が見込まれる動きもあります。
2017年09月27日更新
TOPヘ戻る