HOME > 知財ニュース > 【韓国】ニセピカチュウが登録 
知財ニュース

【韓国】ニセピカチュウが登録 

韓国で、「ポケットモンスター」のピカチュウによく似たキャラクターのデザインが登録され、任天堂が韓国特許庁に異議申し立てを行いました。
登録されたキャラクターは黄色いうさぎをイメージとして作ったとされ、すでにグッズ化され、インターネットなどで販売されているということです。

度々、偽物疑惑のニュースが伝えられる韓国ですが、模倣品を取り締まるための努力が続けられています。

模倣品に対しては、韓国特許庁に「商標権特別司法警察隊(SJPF)」という警察組織があり、取締りを行っています。また、特許庁の外郭団体「韓国知識財産保護院」がオフライン・オンラインの模倣品について情報収集をしてSJPFの刑事立件への支援や、各自治体による是正勧告のための支援を行っています。

先月17日、弊所 宮本陽子弁理士が、韓国知識財産保護院を訪問し、偽物対策の取り組みについて、担当者に直に話を聞く機会を得ました。近年では韓国国内で、SNSを通じた模倣品の売買が横行しており、従来よりも侵害者の特定が難しい状況にあるとのことです。日本商標協会のメンバーとともに、実際に偽物が売られている現場の視察も行いました。
2017年12月11日更新
TOPヘ戻る