HOME > 知財ニュース > 【日本】 スーパー早期審査の要件緩和 
知財ニュース

【日本】 スーパー早期審査の要件緩和 

日本特許庁は、ベンチャー企業が特許を取得しやすくするために、スーパー早期審査制度の要件を緩和します。早ければ今年中にスタートする見通しです。

外国出願をしていなくても、発明の実施、または、2年以内の実施予定であれば、スーパー早期審査を申請することができるようになります。

審査請求から審査開始には通常9か月程度かかりますが、1か月以内に審査を受けることができます。
2018年04月09日更新
TOPヘ戻る