HOME > 知財ニュース > 【坂本NEWS】 荒木 由華里弁理士加入のお知らせ
知財ニュース

【坂本NEWS】 荒木 由華里弁理士加入のお知らせ

2020年4月1日より、荒木由華里弁理士が当所に加入しました。

荒木由華里弁理士は、早稲田大学大学院法学研究科にて知的財産権法を専攻しました。
武蔵野美術大学にて造形を学んだ経験より、デザインを保護する知的財産の扉を開きました。
2014年に弁理士試験に合格して弁理士登録。
特許事務所に勤務後、乃村工藝社の法務担当として、内装や建築物にまつわる知財係争に対応し、その鎮静化に努めました。また、建設業におけるシリコンバレーのスタートアップ支援に携わりました。
常にクライアントの視点に立ち、案件に応じた肌目(きめ)の細かい対応を心掛けています。
国内外の商標権審決取消訴訟、著作権侵害訴訟などの知財係争の経験や、一級知的財産管理技能士(特許、ブランド、コンテンツ)、AIPE認定知的財産アナリスト(コンテンツ)の知識に基づき、幅広い経験と知識からクライアントのデザイン経営を手厚くサポートいたします。

荒木先生をお迎えして、これまで以上に充実したサービスを皆様にご提供できるよう、事務所一同努めてまいります。
2020年04月01日更新
TOPヘ戻る