HOME > 知財ニュース > 【中国】IPニュース 隆安法律事務所
知財ニュース

【中国】IPニュース 隆安法律事務所

中国での知財関連のトピックをお知らせいたします。

中国知財ニュース
・中国初の新型コロナワクチンが特許取得 審査期間5ヶ月足らず
・商標国際登録審査の質・効率が向上 国内外出願人の権益を保護
・著作権法修正草案(第2回審議稿)がの公示と意見募集
・商務部、科技部が「中国輸出禁止・輸出制限技術目録」の調整版を発表
・商務部:適格な外国人が中国の弁理士試験に参加可能
・北京知財裁判所が短編動画の著作権侵害に関する代表判例を発表(PPAP事件を含む)

中国の代表判例紹介
・映画やドラマのスクリーンショット付き解説を提供する行為が権利侵害に該当するか否か――中国初の「図解ドラマ」をめぐる権利侵害事件を例に

隆安2019 年度知財十五大代表判例―第7、8案
・深セン市理邦精密機械股フン有限公司(原告)VS深セン邁瑞生物医療電子股フン有限公司(被告)等の実用新案権侵害事件
・広州神馬移動情報科技有限公司(原告)VS北京搜狗科技発展有限公司(被告)のデータトラフィック盗用をめぐる不正競争事件

詳細は、下記の隆安法律事務所のNewsletterをご参照ください。
(本掲載にあたって、弊所は隆安法律事務所の許諾を得ております)

PDF資料 news_pdf01_20200915183906.pdf
2020年09月15日更新
TOPヘ戻る